データセンターの特長(立地・ファシリティ・セキュリティ)

災害に強く絶大な信頼を誇るデータセンター

Ryobi-IDC第2センター、第3センターの特長をご紹介します。

災害リスクが低い岡山の立地

POINT01

好立地岡山のポイント①岡山県南部には活断層がない

岡山県南部には活断層がなく、最も近いとされる断層帯からも45km以上離れているため、万が一の直下型地震のリスクも低い場所です。
那岐山断層帯の平均発生間隔は35,000年、30年発生確率は0.08%とされています。 さらに、Ryobi-IDC第2センターの立地場所は、「地震ハザードステーション」によると、「今後30年以内に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率は、 3~6%」の場所に位置するため、地震のリスクが低い場所と言えます。(基準:2019年版)

POINT02

好立地岡山のポイント②台風等の自然災害が少ない

気象庁地震データベースによると、岡山県はデータが閲覧できる1926年以降、震度6以上の地震は観測されていません。また、近隣地域で発生した地震での被害も多くなく、全国的に見ても地震被害の少ない地域となっています。

POINT03

好立地岡山のポイント③岡山県内に活火山がない

岡山県内には活火山がなく、最も近いとされる活火山からは100キロ以上離れているため、万が一の噴火による被害は少ないといえます。

POINT04

好立地岡山のポイント④中国電力の安定した電力供給

岡山は中国電力管轄であり、電力供給は安定しています。
中国地方には原子力発電所は1ヶ所あり、その発電所からは100km以上離れているため、原子力発電所の万一の事態にも直接の被害リスクが低い場所と言えます。
中国電力の安定した電力供給と原子力発電所に頼らない豊富な電力供給が可能です。また、現在の岡山県内の発電所は、火力発電所と水力発電所があり、原子力発電所はありません。

POINT05

好立地岡山のポイント⑤アクセス利便性

岡山は西日本に位置しており、鉄道、高速道路、空路ともに整備されており、中四国のクロスポイントとして機能しております。
東京から岡山へは、飛行機で約1時間、新幹線で3時間30分で移動でき、さらに岡山駅はすべての新幹線が停車することが大きなポイントです。

複数の経路で当センターへのアクセスが可能なため、BCP観点から見ても最適なロケーションとなります。

POINT06

好立地岡山のポイント⑥津波・水害のリスク≒ゼロ

センターは岡山市の中でも、データセンターにとって最適な立地にあります。
海抜140m以上の小高い場所にあり、海岸からも15km以上離れているため、津波の心配はありません。
「津波ハザードマップ」「洪水ハザードマップ」で見ても、浸水の影響が全くない地域となります。また、近隣に河川や湖沼はなく、降雨に対しても予想最大雨量以上の排水能力、オーバーフローの仕組みを備えているため、水害の心配もありません。

POINT07

好立地岡山のポイント⑦液状化のリスク≒ゼロ

センターは岡山の中でも極めて強固な地盤の上に建設しています。地盤となる花崗岩層上部の表層土は、せん断派速度Vs=370m/s(N値50以上)の工学的地盤に準ずる強固なものになっており、液状化の可能性もありません。
PL値(液状化危険度)は“0”であり、液状化の発生が無いまたは極めて低いという値も出ておりますので、大地震発生時の液状化のリスクも極めて低い立地と言えます。

最新のファシリティ

POINT01

免震構造(震度7クラスの地震にも対応)

ビル免震構造とし、鉛プラグ入り積層ゴム・天然ゴム系積層ゴム・弾性すべり支承の3つの免震装置を組み合わせることにより、大地震発生後にも継続利用できる構造です。
最大加速度821Galの兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)や、最大震度7を記録した最大加速度2,700Galの東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)クラスの地震が直下で起きたと想定しても、サーバ室の水平対応加速度を250Gal以下に低減し、お客様の機器の破損、停止を防ぎます。

POINT02

AIを活用した空調システム

AIを活用した空調制御を導入しています。温度センターの情報をワイヤレスで収集し、データを基に空調機を自動で制御します。
スポット的に温度が上昇している場合も最適な温度に保つことが出来るため、高密度・高集積サーバの稼働とエネルギーの効率化を実現します。

POINT03

消火設備

窒素ガス消火設備を完備しています。
消火剤の放出音を低減することができる「消音型ガス放出ノズル」を設置しています。 通常の噴出ノズルの場合、窒素ガスの噴射音がハードディスク等の機密機器に影響を及ぼす可能性があります。「消音型ガス放出ノズル」を利用することで、窒素ガスの放出音を低減することができ、ハードディスク等の故障を防ぐ効果があります。

POINT04

電気設備

安定した電力供給のために特別高圧受電(22kV)で異変電所より2系統受電を採用しております。
受電設備、各種盤設備、UPS等は全て冗長化されており、機器の更新や万一の故障時にも、お客様機器への電力供給が停止しないよう2系統での電力供給の仕組みとしています。
また、最新の設備監視システム、ビルエネルギー管理システムにより、24時間365日監視、管理を行っています。

POINT05

自家発電装置

冗長化された自家発電設備により、72時間以上の無給油での連続稼働を実現しています。
免震上に設置された自家発電設備により、2系統での受電が停止した場合でも、UPS設備と合わせ無停電でお客様の機器への給電を継続します。
また、弊社グループ内の企業と燃料の災害時優先供給契約を締結しており、万一貯蔵タンクの燃料が不足した場合でも燃料を確保し、可能な限り電力の供給を継続します。

POINT06

サーバールーム

第3センターのサーバールームは建物2階、3階合わせて520ラックとなります。
ラック供給電力は標準6~8kVA、最大20kVAの提供が可能です。お客様専用エリアも完備しています。

POINT07

マルチティア対応

Ryobi-IDC第3センターは、高い信頼性を求めるティア4への対応も可能とした「マルチティア」に対応しています。

厳重なセキュリティ

POINT01

セキュリティレベル

敷地内からサーバー室まで6段階の物理的なセキュリティ区画を設定し、セキュリティレベルに応じた各種装置を配置しています。
また、中央監視室は24時間365日有人対応で監視しており、万全なセキュリティを提供します。

POINT02

監視カメラ

データセンターの建物内・外を含め監視カメラで常時監視・記録し、お客様の機器を様々な脅威からお守りしています。

POINT03

フラッパーゲート

データセンター内は複数のセキュリティエリアに分割され、フラッパーゲートによる共連れ防止も行っています。

POINT04

ICカード

ICカード毎の詳細な権限設定により、各諸室への入退室の制限、追跡を行っています。

POINT05

生体認証

機密情報をお預かりするエリアでは生体認証を組み合わせることで、厳密な本人確認を行っています。

POINT06

入退館システム

センターへの入館申請は事前にパソコンや携帯電話から行うことができる入館受付ポータルサイトをご用意しております。
緊急時の入室もスムーズに入館いただくことが可能です。また、ラックの代理開錠等もポータルサイトよりご依頼いただけますので、面倒な手続きがなくセンターをご利用いただけます。

POINT07

ラック施錠管理

ラックの開錠・施錠をIC カードで管理、開閉ログの抽出も可能となりセキュリティが向上します。

POINT08

密閉式トラックバース搬入口

トラック毎収容可能な搬入口で、搬入時のセキュリティ対策も万全です。保管倉庫も完備しています。

POINT09

オプション

■全身ボディスキャナ
■追跡型防犯カメラ
※ご要望に応じて対応が可能です

豊富なアメニティ

POINT01

レンタルルーム

レンタルルームは大・小の2サイズでご用意しております。 1週間単位からお貸し出し可能です。機器のセットアップ場所や荷物の保管場所としてご利用ください。(有料)
※レンタルルームはBCP 発動時の活動拠点やオペレーションルーム等でもご利用頂けます。

POINT02

無料Wi-Fi環境をご用意

リフレッシュコーナーには、お客様がご利用いただける無料Wi-Fi環境をご用意しております。

《 データセンターの特長(立地・ファシリティ・セキュリティ) 》 このサービス・製品へのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

インフラ・プラットフォームカンパニー
086-264-1104
受付時間/9:00~17:00(定休日/土・日・祝日)

WEBからのお問い合わせ

PICK UP